ホーム  >  札幌・豊平区 上手な不動産売却  >  上手な不動産売却  >  売り買いの同時進行と良い売買のタイミングとは

売り買いの同時進行と良い売買のタイミングとは
カテゴリ:上手な不動産売却

◆売り買いの同時進行は可能?

 

自宅を売って新しい物件を買う。つまり買い替えをする場合に売却と購入を同時進行するのはとても効率が良いように思われますが、実際に可能なのでしょうか。

結論から言うと、同時進行はかなり難しいものです。それは、売却と購入のそれぞれのプロセスを整理するとおわかりいただけると思います。

 

【売却のプロセス】

・複数の不動産会社に自宅の査定を依頼する

・不動産会社を決めて媒介契約を結ぶ

・査定価格を参考にして売り出し価格を決める

・購入検討社に内見をしてもらい、価格交渉を行う

・売買契約を交わして手付金を受け取る

・残代金を受け取り、登記手続きをして物件を引き渡す

 

【購入のプロセス】

・条件や希望に合う物件を探す

・内見を行い、価格や引き渡し時期の交渉を行う

・金融機関に住宅ローンの事前審査を申し込む

・仲介物件の場合、一般的にはこのタイミングで不動産会社と媒介契約を結ぶ

・売買契約を交わしたら、住宅ローンの本審査を申し込む

・住宅ローンの契約(金銭消費貸借契約)を結ぶ

・売主に代金を支払い、物件の引き渡しを終え、登記手続きを行う




◆やはり同時進行は難しい

売却、購入のプロセスをざっとあげただけでも、これだけあります。

これらを同時に行うとなると、手続きだけでも忙殺されますし、何よりタイミングを合わせることが非常に難しくなります。やはり、買い替えの場合、可能であれば購入または売却のどちらかを先に行うのが良いと言えるでしょう。



◆売り先行と買い先行

 

買い替えの場合は、売却と購入のどちらかを先に進めていくケースが一般的になります。そこで、先に売却をしてから購入を行うことを「売り先行」、先に購入を行ってから売却を行うことを「買い先行」などと呼ぶことがあります。



◆売り先行と買い先行のどちらがお得?

 どちらがお得かは、それぞれの条件などによって変わってきますが、不動産相場の動きに着目すると良いかもしれません。

 

理論的には、相場が上昇基調であれば、買い先行にすることで「安いうちに物件を買い、高くなってから売れる」という可能性があります。逆に相場が下落基調であれば、「高いうちに物件を売り、安くなってから買う」という可能性があります

 

ただ、短期間で相場が上下することはあまりありません。また、売却と購入の間に何年ものタイムラグが生じることはほとんどなく、売却と購入のタイミングは比較的短期間であることが一般的です。買いたい物件が見つかるタイミングと、買ってくれる買主が現れるタイミングのみを考慮すれば良く、「高く売って、安く買おう」などとは考えないほうが賢明でしょう。

 


センチュリー21ベスト・ホームではリースバックのご相談も得意としております。

札幌市 豊平区 土地 一戸建て マンション 空地空き家 実家 不動産 相続物件 アパート 売却

のことならセンチュリー21ベスト・ホームまでお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ